後期研修(専門研修)

専門医を目指す

基本コンピテンシー

救命救急センター・ERセンター・外傷センターの3部門における研修により、以下に示す救急科専門医の基本コンピテンシーを達成することができます。

  1. 救急科専門医として
    • 蘇生処置の基本を実践できる
    • あらゆる救急疾患に対する初期診療を実践できる
  2. 各部門の医師として
    1. 集中治療医として
      • ガイドラインに基づいた適切な集中治療を実践できる
      • 社会復帰に向けた方向付けを実践できる
    2. 総合診療医として
      • 多様な症候を有する患者を迅速に診断することができる
      • 複数の患者を手順よく診察することができる
      • 退院か入院かを迅速に判断することができる
      • 必要に応じて各診療科医師に適切にコンサルトできる
    3. 外科系救急医として
      • 外傷および非外傷性疾患への根本的治療の基本を実践できる(初期診療、診断と術適応決定、基本手術手技、術後管理)
      • 機能予後改善への方向付けができる
  3. 研究者として
    1. 臨床研究
      • 大量の共同研究データの分析により論文を作成することができる
      • 臨床データから診断と治療に関わる研究デザインを作成できる
    2. 基礎研究
      • 研究デザインの方法を知る
      • 基礎研究の基本手技を実践できる
      • 基礎研究の結果をまとめて論文を作成することができる
  4. コースインストラクターとして
    1. 下記のうち基本となるコース及び将来希望する各部門に沿ったコースのインストラクター資格を取得する
      • 基本トレーニング:
        JATEC、AHA-ACLS、AHA-BLS、AHA-ACLS EP、AHA-PALS、ICLS、ISLS、ACEC、JPTEC、PSLS、PCEC、東京DMAT、日本DMAT、EMARGO他。
      • Acute care surgeon
        ATOM、DSTC
      • 総合診療医として
        JMEC

後期研修プログラム

救急総合コース

極限状態で命を救うプロフェッショナルを育成します。救急科専門医は急病や外傷を診療科に関係なく診療します。まさに“医”の原点であり、すべての国民から救命の最終的な拠り所とされる仕事です。高度なチーム医療を提供する際にgeneralistとしてキャプテンの役に当たる専門家となるために、救命救急センターにおける三次救急医療を通した研修を中心として、ERにおける救急初期診療、救急外傷外科を自由に組み合わせた研修が可能です。研修後は大学病院に残り指導者を目指す、関連病院の救命救急センターに出向して臨床を極める、救急医学の研究で学位を取得するなど幅広い選択肢が待っています。希望により留学も選択できます。

さらに以下の3コースを選択できる

  • 集中治療系
  • 外傷/急性期外科系
  • 脳神経外科系
ERコース

このコースの研修は日本救急医学会ER検討特別委員会・後期研修プログラム検討小委員会に準拠し、軽症から重症まですべての救急患者の初期診療を学び、救急専門医および内科認定医の取得を目標としています。ER専従医には、救急科専門医を始めとし代謝・糖尿病、感染症、循環器、消化器から出向した内科医で構成されており、救急医療に関する広範な知識と技術を身につけられるだけでなく、各専門医から直接指導を受けられます。研修後の進路としては、ER後期研修医はオールマイティな立場なのでどの分野にも進むことができます。

外傷センターコース

後期研修での目標と可能性
後期研修として、外傷センターをローテート研修することにより、一般病院の当直や救急外来で遭遇するような一般的な外傷患者を一人で自信をもって診療できるようになります。軽症から重症まで、幅広く知識と技能を学ぶことができます。当センターにおける当直は、必ず上級医とペアを組むため、一人で悩んだり、困惑したりすることはありません。相談しながら症例を重ねて、知識と技術の習得が可能です。当直時や日勤勤務時に関わらず、希望すれば多くの手術に手洗いして入ることができ、後期研修の時期から執刀をすることも可能です。多くの救急科後期研修医は救急専門医を目指されると思いますが、更に救急の中のサブスペシャリティとして外傷専門医の取得を目指す医師や基本領域である整形外科専門医を目指している医師を全面的にサポートする体制が整っています。当外傷センターでの研修は他施設では得ることの出来ない、かけがえのないものになるでしょう。

救急科のスケジュール

救急科 一日予定表

後期研修医ローテーション表(平成26年度)

後期研修医インタビュー

準備中

救急医療経験を積む

外傷整形外科フェローシップ

帝京大学医学部附属病院外傷センターは救命医学教室と整形外科教室の協力により、2009年5月から発足した新しいセンターです。

各科との密接なチームワークを基に、外傷患者の急性期から回復期までを継続して治療できる環境を作り、早期に社会復帰させることを目的にしています。外傷センターではERに搬送された手術が必要な二次救急外傷患者から、救命救急センターに搬送された重症外傷患者までを対象に、初期治療、手術、術後の集中治療、そして歩行退院するまでのリハビリテーション期までの一貫した治療を経験できます。

外傷センターでは新藤正輝医師、井口浩一医師、黒住健人医師、鈴木卓医師の4名の医師が中心となり重症外傷患者の治療に参加する一方、整形外科教室では整形外傷を専門とする小林誠医師と各専門診の医師が協力し、専門性の高い治療を行っているのが特徴です。特に、松下隆主任教授の専門である四肢機能再建領域には、変形癒合や感染性偽関節に対する治療を希望され患者が全国各地から受診し入院されています。

外傷患者はICU16床、HCU14床を有する救命救急センター病棟での急性期治療が終了した時点で、後方病棟である46床の救急および外傷患者専用病棟と、45床の整形外傷患者用病棟でリハビリテーションを受けた後、退院または転院となります。

帝京大学医学部附属病院外傷センターにおける短期フェローシップ・プログラムは、搬送された外傷患者によって経験する内容は異なってきますが、以下のような診療に参加していただくことによって、従来の整形外科とは異なる診療が経験できるのではと考えています。

  1. ER救急での一次・二次救急患者対応
  2. 救命救急センターでの三次救急患者対応
  3. 救命救急センターでのカンファランスおよび回診
  4. 整形外傷チームによる手術
  5. 整形外科カンファランス
  6. 骨折診チームによる四肢機能再建外来、手術の見学
  7. 模擬骨を使用した創外固定器、髄内釘などの実践的ワークショップの実習

ページトップへ