災害活動

当院は区西北部保険医療圏地域災害拠点中核病院であり、日本DMAT、東京DMATの隊員も多数在籍している。院内での災害マニュアルの作成・更新や、災害訓練・教育も当教室主体に行っています。

東日本大震災においては、急性期より多数の医療チームを派遣し、亜急性期から慢性期にかけては被災地の病院支援にも積極的に参加しました。また、被災地からの重症患者の受け入れも行っています。

ページトップへ